前へ
次へ

小学校から私立パターンは良し悪しを見極めて

小学校から私立にと考えている場合、エスカレーターで上がれるのが魅力で、私立小学校は一定の年収層に人気です。
小学校からそのまま私立中学、高校へと進学するケースがほとんどなので、教育費の総額は基本的に2000万円を超えてきます。
加えて、私立小学校の受験のための幼児教室への費用も見込んでおく必要があります。
とはいえ、私立小学校から高校まで見た場合、小学校の教育費が最も高く、上へあがるほど金額が安くなっていくのが特徴です。
そのため、私立小学校の段階であまり家計に負担になっていないということであれば、高校までそのままのペースでやりくりすることもできます。
ただし、学校に納める学費以外のお金が意外と多い点に留意が必要です。
なお、大学までエスカレーターで行けるところもあれば、高校までというところもあります。
ただし、高校まででも一貫校ならではの強みをいかして、進学校であることも多いので、一定グレードの学歴が確保できる教育はなされています。

Page Top