前へ
次へ

新入社員教育をする際のポイント

新入社員を教育する際に知っておいてもらいたいポイントがあります。
それは、概念化能力です。

more

コンポライアンス教育を検討している方へ

コンポライアンス教育を検討されている方へ、お教えしたい事があります。
それは、まずコンポライア

more

教師との連携を密にすることが重要である

教育の現場で働いている人達は大変な思いをしていますが、如何に教師の仕事が重労働であるかよく考える必要

more

英語を入試に取り入れる学校は増えている

近年、英語教育の変化を受けて、中学入試での英語の扱いも変化しています。
英語力を受験にいかせる学校が増え、得意な英語を伸ばしながら、受験にのぞめるというメリットが注目を浴びています。
英語教育を入試に活かす方法は二通りで、一つは、英検資格をもって、入試優遇制度を利用する方法ともう一つは、英語で受験する方法です。
現在、全国のおよそ60の中学校で導入されているのが英検資格による入試優遇制度で、入試で加点されたり、合格判定を優遇できたりとさまざまです。
多くは3級以上で制度の対象となり、3級で10点、1級で60点が4教科の総合点に加点されるというところもあります。
学校によっては、特待生として学費免除になるところもあるほどです。
一方、英語力があれば、海外経験がなくても、帰国枠で英語受験できるところもあります。
入学後の英語教育も前もって調べておき、計画的に英語を身につけさせ、受験にも英語力をいかすのがポイントです。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren4set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top