前へ
次へ

教師との連携を密にすることが重要である

教育の現場で働いている人達は大変な思いをしていますが、如何に教師の仕事が重労働であるかよく考える必要があり何かあったら直ぐに苦情を言うのはあまり良くないことです。
もちろん大変なことが起こった場合にはどんどん言うのは悪くはないのですが、ちょっとしたことでも直ぐに教師に訴える親が増えているのでこのようなことは厳に慎む必要があります。
教育の現場では色々なことが起きており生徒同士の問題は子供だけでは解決するのは難しいですし、親が口を挟まなければならないことがあるのも事実です。
しかし何でもかんでも教師に苦情を言えば良いものではなくある一定の時が経過するまでは見守っていた方が良いこともあるので、何時まで我慢して静観した方が良いのかよく考えて行動することが大切です。
直ぐに教師に苦情を言うと教育にも良くなく我儘な子供に育ってしまうことがありますし、教師としてもどうしたら良いのか分からなくなってしまうこともあります。
大切なことは教師と親とがしっかりと連携を取り合ってトラブルを解決することなので、何かあった時には直ぐに教師を責めるのではなく連携を密にして事に当たるようにした方が良いです。

Page Top