前へ
次へ

高校や大学が私立でも自宅通学なら

大都市圏で比較的多いのが、高校や大学が私立になるパターンです。
高校の学区制廃止、減少に伴い、公立高校に入学したくても倍率が高すぎて、私立高校にというケースは増えています。
私立高校に入った結果、私立大学に進学するのは割と自然な流れです。
人気の公立高校を受験する層が併願するのは、比較的進学率の高い私立高校で、こうした私立高には大学からの指定校推薦が多く集まる傾向にあります。
また、私立大学の受験科目が、国公立に比べ少ないため、集中したカリキュラムを実践しやすく、有名私立大学への進学実績が高くなる流れがあります。
国公立大学の学費は、私立大学の半分といわれていた時代が長く続いていましたが、近年、それに当てはまらない状況になっていて、自宅外から国公立大学へ通う際にかかる教育費は816万円に対して、私立文系で自宅から通っている人は662万円、理系でも799万円と親の懐に優しいというのが現状です。
国公立大学の進学にこだわり、親元を離れて遠いところに進学するよりも、近隣の私立に進学したほうがトータルでの費用は少なく済む上場があります。
高校から私立に進んだ場合、大学が文系ならトータルで1366万円、理系で1503万円が幼稚園時代から含めてかかります。
自宅外となるとそこにおよそ300万円ほどプラスです。

Page Top